ミューレン M-1 を IS-F, R-2 に

ホームページを見てきました。カーショップにはあまり行きません、というカーメーカーエンジニア様。よくお気持ちは解ります。
でもね、明るいおやぢのいる、、元カーショップ<をいをい、のJETSETは別ですのでかわいがってくださいねえ。
きましたね〜日本最速のFRまってましたよー。試運転させてもらうの忘れましたが、、乗らずにもわかりますよね。あのエキゾーストノートを聞けば、、身体に響く5L-V8フィスコであいましょう。
IS-F

Mu-Len M-1 を IS-F にの記事を読む
おひさしぶりの、いつのまにかパパのR-2さま。
R-2

Mu-Len M-1 を R-2 に記事を読む

Share on Facebook

お出かけのファイルを更新

梅雨空らしい、いや梅雨空の土曜朝でありますよお。
いかがお過ごしでありましょうか。ちょうど後一ヶ月で
夏空にあえるのでしょうかねえ。
お出かけのファイルを更新してみました、ま、代わり映えは
あまりないのですが淡々と齢をかさねるカーショップの
親父の1日、、う〜んシルバーはいってっかな。。
これ欲しいってものも少なくなって、でもね昨日は
レカロで移設におこしのYさん、この椅子スゴイってお店に
ある椅子に声をかけてたのはびっくりした。確かに
ミューレンのRS-3の座り心地はこの世の物とは思えない。
恵比寿ガーデンヒルズ東京都写真美術館のボードです。
PHOTO

Share on Facebook

2008年6月26日は定休日です、よろしくお願いをします。
おはようございます。
昨日はフレックスオートのTさんがSEVを、、
夜半に電話がありましてエアコンがよくきく、エンジンがスムーズ
乗り心地がさらにしっかりした、等々、、ついでにあしたは
モチュールを、、ランクル60にですって、何リッターはいるんだあ。

Share on Facebook

ミューレンをお供に

雨降りであけました日曜日です。お店にお越しに成れない方は
本屋さんにいって三栄書房ザッカー8月号を買いましょう、日産のテクニカルマイスターで
運転技術における現代の名工、加藤さんが語るハンドルと卵のお話や
そして仮称アントニオデルタ藤田さんの語る百済より伝わった芯のない芯のある話など
知的運転心をくすぐるコンテンツが満載の状態で待っていますよ。
(今回の号もお求めになって置く価値があります)
対談ページのツーショットの畳まれているページ部分にアントニオデルタ藤田さんが形をつくった
シェー人形が隠されています、店主はもうすこしちゃんとした形で
写真に写るようにしたのに、おちゃめなんだから>アントニオ藤田さん。
つい二日前に店主が走った軽井沢の近くから、綺麗な大人のスーパースバル
いいなああれ、ミューレンをお供にワインディングや高速をご堪能くださいね。
PHOTO

Share on Facebook

ザッカー

ザッカー誌のもうすぐ発売号の記事にかかわるお手伝いが終了しました
どんな内容になるかは全く解りませんが、一つ言えることは
デルタツーリングの藤田悦則氏はいろいろな意味で美しい人と
いう言葉を担当のカメラマンから聞かされました、私もそう思いました
対談の最中における私の頭に見えていたことばは最近覚えた只管打坐。
ただただひたすらにそのばそのばだけにおけるなす事をなす
そんな意味合いの言葉だとは理解をしてはおりますが、もとめる
ものもなく、ただただ行いをしつずける、なんだか私のお店みたいですね
このお車にていろいろな事をしたようであります。落合さんもご苦労様。
PHOTO

Share on Facebook